尋常性白斑を治そう!〜白斑が治った20年以上の治療ノウハウを大公開〜

尋常性白斑を治そう!〜20年以上の治療ノウハウを大公開〜

私の人生を変えた憎き病気、尋常性白斑。時には死ぬことも考え、どん底に。この病気がなかったらどんなに楽しい人生だっただろう…

 

でもこの病気を通じて学んだことも沢山あります。また、人にだってやさしくできるようになりました。だって辛い気持ちを誰よりも味わったから・・・。

 

少し改善してはうれしくなり、白斑の範囲が広がっては悲しくなり、そんなことを繰り返しながら沢山の人に支えられてあきらめず20年以上治療を続けてきました。

 

時には変なものを売りつけられましたが…^^;今ではいい勉強をしたと思っています。

 

そして20年という長い年月をかけた治療の努力が実りやっと人前に出れるぐらいに改善しました

 

私の白斑を改善してくれた3つの方法

※クリックすると詳細ページに飛びます

 

私が20年以上、尋常性白斑と付き合ってきて感じたことは、自然治癒はほぼ期待できないということ。

 

白斑の原因を突き止めて一刻も早く治療をはじめなければ、白斑はどんどん広がっていきます

 

実際に私がそうでした。。。

 

だから、、、きっと私と同じ悩みを抱えている人は沢山いるはず。

 

そう思った私は私の治療ノウハウを公開するためにHP「尋常性白斑を治そう!」を開設しました。

 

お節介な内容ですが、お役に立てたら幸いです。また、効果については個人差がありますので、あくまでも参考程度にして下さいね。

 

私もまだ完治したわけではありません。一緒にこの病気と闘っていきましょう!

 

HPに関する質問、要望や尋常性白斑に関する悩み相談はこちら

※すでに250人以上の方からメールをいただきました

 

私の白斑治療履歴

中学2年の時、脛に白斑ができる
  • フロジン液を試すも少しの改善のみ。
  • 液体窒素による冷凍治療は効果なし。シミが残った。
  • しばらくなすすべがなくお尻、顔に転移。
  • 脇の下、手のひらにも転移。
高校の時、PUVA光線治療を始める
  • 当時は画期的治療法PUVA(プーバ)治療だった。
  • 多少の色素沈着は認められた。
  • 時間管理が難しい。
  • しかし看護婦の時間設定ミスで顔全面が水膨れ。
ステロイド剤や活性型ビタミンD3剤を使用開始
社会人になりナローバンドUVBを始める
  • これが私の人生を変えた治療法ナローバンドUVB
  • 改善過渡期は白斑の周りが黒くなり余計目立つようになったが3か月ぐらいで落ち着いた
  • 顔や体の白斑は80%以上色素が沈着した
田七人参を医師のすすめで始める
  • 田七人参服用3か月位で劇的に改善。顔はほとんど完治。
  • 手のひらは70%程度の改善でなかなか完治に至らず。
漢方ローションを手の白斑に塗り始める
現在

これらを併用してほとんど気にならないようになりました(^^)

 

尋常性白斑とは(おさらい)

概要

皮膚色素をつくる部位の損失を不規則に引き起こす慢性的な皮膚疾患です。日本ではしろなまずとも呼ばれ、治りにくい皮膚病のひとつとされています。患部に痛みやかゆみを感じることはありませんが、基本的に見た目が良くない病気です。

 

水泳や入浴等の人前で肌をさらす活動や、顔や手など服を着ていても露出する箇所に白斑がある場合にはかなり目立つため、積極的になれないという心の病に発展しがちです。

 

発症の原因は?

怪我ややけど、日焼けなど皮膚になんらかの刺激が加わることによるもの、またストレス等により発症するとも言われていますが、その原因は解明されていません。また発症する時期も幼少期から大人まで様々で、自然に治癒することは期待できない病気です。

 

伝染するか?

伝染するようなことはありません。

 

遺伝するか?

基本的に尋常性白斑は後天的に生じた免疫異常に基づく皮膚および粘膜の脱色素斑。白斑の出やすい体質は遺伝する可能性がありますが、白斑そのものが遺伝するわけではないとされています。

私の白斑を改善してくれた3つの方法↓

※クリックすると詳細ページに飛びます

HPに関する質問、要望や尋常性白斑に関する悩み相談はこちら

※すでに250人以上の方からメールをいただきました

ご協力お願いします

もしこの記事があなたの役にたった!と感じたら
下記SNSのボタンをクリックしていただけますでしょうか?
ブログをよりよいものにしていくための参考にさせて頂きます。

トップへ戻る