尋常性白斑の治療法 脱色療法

白斑が広範囲に及んでいる場合、
色素の回復を図るのではなく
全身の色素を脱色する方法。

色素を脱色する薬を塗布することにより脱色を行う。
マイケルジャクソンはこの方法をとったといわれている。

ハイドロキノン・モノベンジルエーテル
(モノベンゾン)軟膏を正常皮膚色が
残っている部分に1日2回外用する。

塗り始めて2ヶ月程で脱色が始まり、
2年以内に90%以上が脱色される。

尚、一度脱色された部分は本に戻せなくなる。
最終手段として考えておいた方がよいだろう。

私の白斑を改善してくれた3つの方法↓

※クリックすると詳細ページに飛びます

HPに関する質問、要望や尋常性白斑に関する悩み相談はこちら

※すでに250人以上の方からメールをいただきました

ご協力お願いします

もしこの記事があなたの役にたった!と感じたら
下記SNSのボタンをクリックしていただけますでしょうか?
ブログをよりよいものにしていくための参考にさせて頂きます。

トップへ戻る