活性型ビタミンD3

尋常性白斑の治療法 活性型ビタミンD3

乾癬の治療薬であるビタミンD3活性剤

 

  • オキサロール
  • ボンアルファ
  • ドボネックス

 

という外用剤で白斑が消えた、又は白斑が減った
という患者がいるようです。

 

一般的に、1日2回適量を白斑部分にすり込みますが、
症状によって適宜回数を調整することになります。

 

1日の使用量は10g(オキサロールローションと
併用する場合も合わせて10g)程度。

 

主な副作用として、かゆみ、皮膚刺激、紅斑などが
報告されています。

 

医師に「光線治療の後に塗ると効果的」と言われたので、
私も試しましたが、ほぼ変化なしという結果になりました。

 

個人的には光線治療+田七人参の組み合わせが
一番効果を感じています。

私の白斑を改善してくれた3つの方法↓

※クリックすると詳細ページに飛びます

HPに関する質問、要望や尋常性白斑に関する悩み相談はこちら

※すでに250人以上の方からメールをいただきました

ご協力お願いします

もしこの記事があなたの役にたった!と感じたら
下記SNSのボタンをクリックしていただけますでしょうか?
ブログをよりよいものにしていくための参考にさせて頂きます。

トップへ戻る