ナローバンドUVBとVTRACどちらがいい?

ナローバンドとVTRACどちらが良いのでしょうか?

光線治療としての強さ(効果)はVTRACの方が上です。しかし照射範囲が狭いため、広範囲に白斑が広がっている場合は適していないようです。

 

広範囲に広がっている場合は、時間はかかりますが、ナローバンドUVBで治療するほうが良いとされています。

 

顔、首周りなど皮膚の薄い部分はナローバンドでも比較的色素が復活しやすいですが、手の甲など皮膚の厚い部分はナローバンドではあまり良い結果はでません。

 

まとめますと

 

  • 皮膚の薄い部分に広範囲に広がっている白斑にはナローバンド
  • 皮膚の厚い部分や皮膚の薄い部分でも範囲が狭い白斑にはVTRAC

 

という流れで治療するのが良いというのが私の考えです。

 

尚、治療中は白斑が目立つ場合があります。そのようなときはカバーマークで隠してあげて下さい。

 

一番濃い色の基本色Y5を薄く綿棒で塗って伸ばしてあげると白斑はほとんど目立たなくなります。インターネットで購入できます。

 

あとは、余計なお世話だとは思いますが、ストレスを減らしたり、食品添加物の少ない食事、ヨーグルトなど腸内環境を整えるものを積極的に取り入れると良いよ思います。

私の白斑を改善してくれた3つの方法↓

※クリックすると詳細ページに飛びます

HPに関する質問、要望や尋常性白斑に関する悩み相談はこちら

※すでに250人以上の方からメールをいただきました

ご協力お願いします

もしこの記事があなたの役にたった!と感じたら
下記SNSのボタンをクリックしていただけますでしょうか?
ブログをよりよいものにしていくための参考にさせて頂きます。

トップへ戻る