白斑は太陽光による日焼けでは治らない!?

白斑は太陽光による日焼けでは治らない!?

お問い合わせ内容を纏めてみると太陽光で白斑が改善すると思っている人が非常に多い事に気づきます。

 

それは半分正解、半分不正解だと思っています。

 

白斑は太陽光による日焼けでは治らない

半分正解と言っているのは治療によりメラニン色素細胞の働きが回復しつつある状態であれば日光浴は効果的です。

 

半分不正解と言っているのはメラニン色素細胞が尋常性白斑病により正常に働いていない状態でいくら日光浴をしても周りが黒くなるだけで余計に白斑部分が目立ってしまうからです。

 

確かに日光浴によりメラニン色素細胞が活性化されて復活することもありますが経験上、日光だけでは復活しない割合の方が高いのでおすすめしません。

 

日焼け止めを活用する

そこで活躍するのが日焼け止めです。私は外出時には一年中塗っています。

 

だたし、紫外線治療の時はしっかりと落とさなければならないので、紫外線治療を受ける日は日焼け止めを塗らずに日傘やつばの大きい帽子で日焼けを防くようにして下さい。

 

↓外で作業するときの必需品!

 

UVネックガード【フィールドベンチャー】

 

また、日焼け止めはどの製品を使うのが効果的か?という質問を良く受けますが、日焼け止めに関する知識をしっかりつけて自分で納得したものを選ぶとよいでしょう。そこで日焼け止めの基礎知識で参考になる動画を見つけたので紹介します。

 

 

↓因みに私はこれを使っています。
ホワイティシモ byPOLA

 

塗り方についてのチェックポイント

また塗り方についてのチェックポイントは

 

  • 化粧水、美容液で肌を整える。
  • 薄くまんべんなく、数回に分けて塗る。
  • 日焼け止め⇒下地⇒ファンデーションの順で塗る。

 

となります。

 

厚く塗れば日焼けを防止出来るわけではありません。丁寧にまんべんなく延ばす事を心がけるようにしてください。

 

あと、「どこに塗ればいいのか?」という質問を受けたのでここに書いておきます。

 

どこに塗ればいいの?

白斑を含め、太陽に当たる場所全部です。

 

白斑に日焼け止めを塗らずにその周りだけを器用に塗る人がいますが、塗るときは上手くいっても日常生活の中でこすれたり、汗で流れたりするので、あんまり意味がありません。

 

光線治療を効果的に受けるためにも、皮膚をベストの状態に保っておく事をお勧めします。

私の白斑を改善してくれた3つの方法↓

※クリックすると詳細ページに飛びます

HPに関する質問、要望や尋常性白斑に関する悩み相談はこちら

※すでに250人以上の方からメールをいただきました

ご協力お願いします

もしこの記事があなたの役にたった!と感じたら
下記SNSのボタンをクリックしていただけますでしょうか?
ブログをよりよいものにしていくための参考にさせて頂きます。

トップへ戻る