自己免疫説

自己免疫説

過度のストレスなどによる
自己免疫疾患の一種といわれている。

分かりやすくいえば、自分の体の中の
本来なら細菌などから体を守る白血球などが
自分の体の細胞を攻撃する。

つまり、白斑の場合にはメラニン色素を
形成する細胞を自分で破壊もしくは
機能の低下により皮膚の色がなくなり、
白くなってしまう。

また、ストレスが自己免疫異常の原因と
なっていることがあり、は尋常性白斑の治療にも効果的である。

私の白斑を改善してくれた3つの方法↓

※クリックすると詳細ページに飛びます

HPに関する質問、要望や尋常性白斑に関する悩み相談はこちら

※すでに250人以上の方からメールをいただきました

ご協力お願いします

もしこの記事があなたの役にたった!と感じたら
下記SNSのボタンをクリックしていただけますでしょうか?
ブログをよりよいものにしていくための参考にさせて頂きます。

トップへ戻る