自己免疫説

過度のストレスなどによる
自己免疫疾患の一種といわれている。

分かりやすくいえば、自分の体の中の
本来なら細菌などから体を守る白血球などが
自分の体の細胞を攻撃する。

つまり、白斑の場合にはメラニン色素を
形成する細胞を自分で破壊もしくは
機能の低下により皮膚の色がなくなり、
白くなってしまう。

また、ストレスが自己免疫異常の原因と
なっていることがあり、は尋常性白斑の治療にも効果的である。

私の白斑を改善してくれた3つの方法↓

※クリックすると詳細ページに飛びます

HPに関する質問、要望や尋常性白斑に関する悩み相談はこちら

※すでに250人以上の方からメールをいただきました

ご協力お願いします

もしこの記事があなたの役にたった!と感じたら
下記SNSのボタンをクリックしていただけますでしょうか?
ブログをよりよいものにしていくための参考にさせて頂きます。

関連ページ

神経説
自律神経の異常によるという説。最近の医学で皮フの神経終末とメラニン色素をつくるメラノサイトがつながっていることが明らかにされた。
活性酸素
白斑の皮膚細胞では、活性酸素を除去する能力が低下しているという研究結果がある。
ストレス
ストレスと尋常性白斑は関連性がある。それを裏付けている動画を見つけたので紹介する。
尋常性白斑と甲状腺機能異常との関連性
尋常性白斑と合併しやすい病気として・甲状腺疾患・悪性貧血・膠原病・糖尿病等があげられます。