ナローバンドUVB

尋常性白斑の治療法 ナローバンドUVB

ナローバンドUVB(NB-UVB)は中波長紫外線領域に含まれる非常に幅の狭い波長域(311±2nm)を持った紫外線で、この紫外線が白斑治療に有効であることが明らかになりました。

 

なぜ白斑に光線療法が効くのでしょうか?英語の動画をみるとわかります。

 

ナローバンドUVB治療のメカニズムとBefore After。メラニン細胞がキズつくと、その傷ついたメラニン細胞を異物と見なし、白斑の人の免疫細胞が異物を殺しに来て、傷ついたメラニン細胞まで殺し、さらに周辺の正常なメラニン細胞まで殺してしまうそうです。

 

従って、白斑部にはメラニン細胞がいないと考えられています。それではどうして色がつく(色素再生が起る)のでしょうか?

 

その白斑部、または周囲の正常皮膚の毛包(外毛根しょう)の隆起部(バルジ)にメラニン細胞の前段階の細胞、つまりメラニン芽細胞が存在し、ここからメラニン細胞が作られることが分かってきています。

 

UVBを照射するとメラニン芽細胞が働き出し、メラニン細胞となり増殖し、白斑部基底層まで遊走。またUVBを照射すると、表皮角化細胞がサイトカインを出して、それがバルジまで達して、同様にメラニン細胞増殖・遊走を起こします。

 

さらにUVB照射すると、今までメラニン細胞を壊していた免疫細胞(CD8陽性細胞)に働いて、メラニン細胞を壊すのを妨げる(免疫抑制作用)。

 

これらの3つの作用は同時に起こるので、ある程度、色素再生(白斑部に色が出る)が起ると同時に進行が止まる(メラニン細胞を壊すのを止める)のも理にかなっていると言えます。

私の白斑を改善してくれた3つの方法↓

※クリックすると詳細ページに飛びます

HPに関する質問、要望や尋常性白斑に関する悩み相談はこちら

※すでに250人以上の方からメールをいただきました

ご協力お願いします

もしこの記事があなたの役にたった!と感じたら
下記SNSのボタンをクリックしていただけますでしょうか?
ブログをよりよいものにしていくための参考にさせて頂きます。

トップへ戻る