尋常性白斑の治療法 プロトピック軟膏

尋常性白斑のとに有効。
神経文節型にはあまり有効でない。

尋常性白斑は,メラノサイトの消失
あるいはメラニン色素生成機能の停止により
色素脱失する後天性の皮膚疾患。

A型(とを含む)とB型(神経分節型)があり,
A型はT細胞を介した自己免疫性の病態と
されているため,T細胞活性化を抑制する
免疫抑制薬のプロトピック軟膏(局所用タクロリムス)が
使用されることがある。

※タクロリムス…免疫抑制剤の一種で、
臓器移植または骨髄移植を行った患者の
拒絶反応を抑制する薬剤である。

また、アトピー性皮膚炎に対する塗布剤、
関節リウマチ治療薬としても用いられる。

すべての塗り薬はその箇所のみを
一時的に治療しているに過ぎない。

永続的に治癒していくためには
体質改善(免疫不良改善・ストレス解消)が必要。

私は


を併用して体質改善を行い、

豊田早苗先生のストレス解消法
を組み合わせ良い結果が出ています。

症状により個人差が出るかもしれませんが、
私が21年間かけて探し出した最高の組み合わせです(^^)

私の白斑を改善してくれた3つの方法↓

※クリックすると詳細ページに飛びます

HPに関する質問、要望や尋常性白斑に関する悩み相談はこちら

※すでに250人以上の方からメールをいただきました

ご協力お願いします

もしこの記事があなたの役にたった!と感じたら
下記SNSのボタンをクリックしていただけますでしょうか?
ブログをよりよいものにしていくための参考にさせて頂きます。

関連ページ

ミニグラフト
ナローバンド、エキシマライトに次ぐかなり期待できる治療法としてミニグラフトがあります。
エキシマライト
エキシマライトは従来使用されてきたナローバンドUVB(311nm)と 比較して100倍以上の強さがありますので、 白斑に照射することで他の紫外線療法(※)よりも 早く効果がでるといわれています。
ナローバンドUVB
ナローバンドUVB(NB-UVB)は中波長紫外線領域に含まれる非常に幅の狭い波長域(311±2nm)を持った紫外線で、この紫外線が白斑治療に有効である
PUVA
PUVA療法は、ソラレン(psoralen)と長波長紫外線(UVA)を併用する光化学療法。外用法と内服法の2種類の方法がある。
外科的治療
外科的治療の代表として吸引水泡植皮術がある。(サクションブリスター法、SBT法ともいう。
脱色療法
白斑が広範囲に及んでいる場合、色素の回復を図るのではなく全身の色素を脱色する方法。
凍結療法
あざやほくろの除去のために利用されているドライアイスや液体窒素を白斑に使った治療方法。
ステロイド剤
白斑にステロイド軟膏やクリームを塗ることによって免疫機能を正常化し、白斑の拡大が抑制されたり、白斑が縮小される。
活性型ビタミンD3
乾癬の治療薬であるビタミンD3活性剤(オキサロールやボンアルファ、ドボネックス)という外用剤で白斑が消えた、又は白斑が減ったという患者がいる。
ViTiX
ViTiXは尋常性白斑の外用治療薬です。私も使ってみたのですが。。。
死海の塩水
尋常性白斑の原因とされる過酸化水素過多を解消するもの。
漢方ローション
あるサイトで話題になった漢方ローション。これは危険すぎる。。。
尋常性白斑 vtracの効果は?
光線治療の一つです。従来の紫外線治療器との違いは・限られた範囲に(6cm×3cm)・強力な紫外線を(ナローバンドUVBの180倍)照射できます。
Melagenina Plus
キューバではMelagenina Plusという薬が発売されているようです。いったいどのような薬なのでしょうか?
尋常性白班 レーザー治療
尋常性白班のレーザー治療にはどのようなものがあり、どのような効果があるのでしょうか?