尋常性白斑のおすすめ本

尋常性白斑のおすすめ本

尋常性白斑に関する書籍がいくつか出版されていますね。その中でも私が一番おすすめするのが下記の書籍です。

 

白斑治療でもっとも多くの実績を持つ"白斑先生"が、治癒率を急速に高めている光線療法をわかりやすく解説してくれます。

 

 

「白斑先生はまさに職人気質の皮膚科専門医」

 

最先端光学機器をベースに手作りで
紫外線照射装置を作り上げた。

 

その精度を日々高めながら、
治療実績をコツコツと積み重ねてきた。

 

この臨床実績が、光線療法の最大のポイントである
"安全性"の確保を実現し、不治とされた皮膚病
「白斑」に完全治癒への道を拓いた。

 

内容(「BOOK」データベースより)
人知れず悩む白斑患者におくる福音の書。
あきらめてはいけない!

 

急速に進歩する光線療法が、
治癒率を驚くほど高めている。

 

週2回通院して治療すると、
3カ月以内に80パーセントの確率で、
白斑部に色素の再生がはじまる。

 

著者について
日本皮膚科学会認定・皮膚科専門医、ネオポリス診療所理事長、日本白斑センター長。医学博士。1947年、岡山県生まれ。名古屋市立大学医学部卒業、同大学院修了。79年、三重県員弁郡にネオポリス診療所を開設。以降、名古屋、桑名、名張市などに皮膚科を中心にクリニックを開く。光線療法に関する研鑽に努め、2006年には東京・市ヶ谷に国内初の白斑専門治療院「市ヶ谷皮膚科 日本白斑センター」を開設、2008年6月、東京・新宿に移転し「新宿皮膚科 日本白斑センター」と改称する。白斑治療に関して国内屈指の実績をもつとともに、最先端療法の習得に意欲的に取り組んでいる。著書に『白斑はここまで治るII』がある。

 

著者略歴
榎並 寿男
日本皮膚科学会認定・皮膚科専門医、ネオポリス診療所理事長、日本白斑センター長。医学博士。1947年、岡山県生まれ。名古屋市立大学医学部卒業、同大学院修了。79年、三重県員弁郡にネオポリス診療所を開設。以降、名古屋、桑名、名張市などに皮膚科を中心にクリニックを開く。光線療法に関する研鑽に努め、2006年には東京・市ヶ谷に国内初の白斑専門治療院「市ヶ谷皮フ科日本白斑センター」を開設、2008年6月、東京・新宿に移転し「新宿皮フ科日本白斑センター」と改称する。白斑治療に関しては国内屈指の実績をもつとともに、最先端療法の習得に意欲的に取り組んでいる。

私の白斑を改善してくれた3つの方法↓

※クリックすると詳細ページに飛びます

HPに関する質問、要望や尋常性白斑に関する悩み相談はこちら

※すでに250人以上の方からメールをいただきました

ご協力お願いします

もしこの記事があなたの役にたった!と感じたら
下記SNSのボタンをクリックしていただけますでしょうか?
ブログをよりよいものにしていくための参考にさせて頂きます。

トップへ戻る